ニキビの予防、治療に関する豆知識

ニキビに絆創膏を貼るのは正しい方法で行えば効果あり!

ニキビに絆創膏を貼るのは正しい方法で行えば効果あり!

 

 

ニキビに絆創膏を貼ることでニキビが治りやすくなるという情報があるのですが、大丈夫なのでしょうか?

 

 

実際はどうなのかというと正しい方法で行えば効果的とされます。薬の塗り方を指導してくれる一部の皮膚科では薬を塗った後にニキビに絆創膏を貼る方法を勧められることもあります。

 

 

また絆創膏ではないですがケロイド状のニキビや血が出たニキビにはキズパワーパッドを貼るとより早く治すこともできます。ただ間違った方法で絆創膏を貼るとニキビを悪化させかねませんので注意が必要です。

 

 

ここではニキビケアとしての絆創膏の効果と使い方を画像付きで分かり易く紹介したいと思います!

 

 

なぜ絆創膏が効果あるのか?

 

 

絆創膏がニキビに効果的なのかというと、薬と合わせて使うことで効き目を向上させることができ、さらに予防効果を高めることができます。

 

 

①薬を落とさない

 

 

ニキビを治す場合には薬をニキビ部分に塗るかと思います。しかし寝る前につけたりすると、寝相で枕やシーツについてしまい薬が落ちてしまうということが発生してしまいます。するとニキビの薬の効き目がなくなってしまうのですがしかし絆創膏を貼ることによって、それを予防することができます。

 

 

②触ったり、周りの刺激を防ぐ

 

 

またニキビができるついついて触ってしまうかと思われます。しかし指には油や雑菌が付着しているので、触ることはニキビを悪化させる原因になってしまうのです。そこで絆創膏を貼ることでニキビを触るのを防ぎ、また外部からの刺激をカットしてくれます。※薬を塗らずに触るのを防ぐ目的だけで貼るのも問題ないとされています。

 

 

このようにニキビ部分を保護するという意味で絆創膏は効果を発揮してくれるのです。

 

 

ニキビケアとしての絆創膏の使用方法

 

 

用意するもの

 

 

・絆創膏

 

 

絆創膏と薬を使用するのですが、絆創膏は一般的なこのタイプで良いかと思います。

 

 

小さくカットされた絆創膏は毛穴を塞いでしまうため、ニキビケアには適していないと言えます。※四角い大きな絆創膏であればそちらでも構いません。

 

 

・使用する薬

 

 

絆創膏を貼る前に塗る薬ですが、今現在お使いの薬で構いません。ただぷくっと腫れた赤ニキビに使うため抗炎症作用のある薬を使用するのが良いです。
口コミ情報などを見ると皆さんオロナインかペアアクネを使用している方が多いようです。

 

 

・オロナイン

 

 

有効成分:クロルヘキシジングルコン酸塩液

 

効果:赤ニキビ、炎症ニキビ

 

価格:30g450円

 

即効性:1日~1週間

 

 

・ペアアクネ

 

 

会社:ライオン株式会社

 

有効成分:イブプロフェンピコノール、イソプロピルメチルフェノール

 

効果:白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ

 

価格:14gで883円

 

即効性:軽度のニキビは1日 赤ニキビは5~10日

 

どちらも抗炎症作用のある薬で、絆創膏をつけずとも1~2週間で赤ニキビが鎮静されていきます。しかし絆創膏を貼ることで1.5倍ほど治る時間が早くなるとされます。

 

 

そして絆創膏の使い方ですが

 

 

①1日1回夜の洗顔をして、薬を塗った後に貼ります。

 

 

 

 

今私の肌に塗っている薬はテラコートリルという市販のニキビの薬です。

 

 

②絆創膏を貼るときはふわっと貼るようにします。

 

 

※ふわっと貼るのがポイントでぴったりと貼ると毛穴を塞いでしまい逆効果になるので注意してください。また圧力がかかってしまいニキビがつぶれてしまうということが起きてしまいます。

 

 

 

 

③薬を塗って絆創膏を貼ったらそのまま寝るようにします。朝起きたら絆創膏を剥がすようにしましょう。※はがすときはゆっくり剥がして、ニキビ部分はしっかりと洗いましょう。

 

 

④ニキビが治るまではこれの繰り返しを行うようにしてください。

 

 

⑤もし普段ニキビを触ってしまいがちな人は朝もニキビ部分にふわっと貼るのをおすすめします。

 

 

以上がニキビに対しての絆創膏の使い方です。非常に簡単ですので是非試してみてください。ただくれぐれもピッタリと貼らないようにしましょう。

 

 

また使い途中に絆創膏によって皮膚が蒸れたり、発疹や発赤を生じた場合には使用を中止してください。

 

 

キズパワーパッドの効果と貼り方

 

 

またキズパワーパッドという絆創膏があり、湿潤効果によって、傷口の治りが早くさせることができます。

 

 

 

 

そしてニキビにも使用でき、特にニキビを潰した後や血が出るニキビ、ケロイド状のニキビに貼ることでバリアの役割が働き、湿潤効果で肌が保湿され治ってしまいます。※ニキビ跡には特に効き目はありません。

 

 

キズパワーパッドの貼り方についてですが、

 

 

①キズパワーパッドを使用する前によく洗顔するようにしてください。

 

 

②そして、消毒液やニキビの薬、化粧水などは一切塗らないでください。
洗顔してそのままの状態で貼っていきます。

 

 

③キズパワーパッドは貼るときはピタッと貼って構いません。

 

 

 

 

 

⑤あとはそのまま貼り付けておくだけです。効果があると貼ったところが白くこもりがでてきます。

 

 

⑥2~3日経過したらはがしていきます。剥がしたあとはしっかりと洗いましょう。

 

 

⑦症状が治まるまで、繰り返しキズパワーパッドを貼るのが良いです。
およそ1週間ほどでほとんど目立たなくなります。

 

 

以上がキズパワーパッとのニキビへの貼り方です。またキズパワーパッドの使用中に発疹、発赤が出たら使用は控えてください。特に猛烈なかゆみが出ることがよくあり、耐えられないのであればやめておきましょう。

 

 

赤ニキビや黒ニキビなどの場合には普通の絆創膏を使いましょう。

 

 

SNSなどでもかなり薬の効き方が明らかに良くなっていると好評なので
薬をなかなか効かない方はぜひ一度試してみてほしいです。

 

 

ということでニキビへの正しい絆創膏の貼り方でした!

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ