ニキビとステロイド

ニキビに効果のあるステロイドと副作用について!

ニキビに効くステロイドと副作用について!

 

 

ステロイドというのは副腎という臓器の外側でつくられる
ホルモンのことで別名、副腎皮質ホルモンとも呼ばれます。

 

 

副腎皮質ホルモンは抗炎症作用と免疫を抑制する働きがあるため、肌荒れやアトピーそしてニキビに効果的とされており、ステロイド軟膏やステロイド錠として皮膚科の薬で処方されております。

 

ここではニキビに効くステロイドと副作用についてお伝えしたいと思います。

 

 

ニキビに効くステロイド

 

 

皮膚科で処方されるステロイド軟膏

 

 

まず皮膚科で処方されるニキビに効くステロイドは軟膏でしたらリンデロンがあります。

 

 

リンデロン

 

 

製薬会社:塩野義製薬株式会社

 

ステロイド:ベタメタゾン(レベル3)

 

値段:1本(5g)730円

 

用法:1日1~2回洗顔にニキビ部分にのみ塗るようにする

 

リンデロンvg軟膏というステロイドはニキビによく処方されます。リンデロンに使用されるステロイドはベタメタゾンです。

 

 

ステロイドには強さがあり、1が最も強く、5が最も弱いです。そしてベタメタゾンはレベル3の『強力』に分類されています。

 

 

強力なので、肌が弱い人には処方されません。

 

 

リンデロンの中身はこのようになっています。このように透明で無臭です。ただかなりべたつくので気をつけてください。

 

 

副作用としては肌荒れ、肌の刺激、かゆみ、毛細血管が浮き出るなどの副作用が生じてしまう場合があります。

 

 

ニキビ用のステロイド錠剤

 

 

またニキビに効くステロイドとしては錠剤タイプもあります。
特に皮膚科ではリンデロン錠という内服薬が処方されます。

 

 

リンデロン錠

 

 

製薬会社:塩野義製薬株式会社

 

ステロイド;ベタメタゾン(レベル3)

 

値段:1錠15円

 

用法:1日あたり1~16錠を1~4回に分けて服用します。

 

詳しい服用方法は医師に確認しましょう。

 

 

リンデロン軟膏の錠剤タイプのリンデロン錠のステロイドがあります。
こちらは塗り薬と一緒に処方される場合が多いですね。

 

 

副作用として発疹がありますので、服用中に違和感を感じたら使用を注意するようにしましょう。
その他にもミノマイシンやルリッドというものありますので医師に確認してみてください。

 

 

市販されているニキビ用のステロイド

 

 

また一般的にステロイドは病院で処方されるものだけで、
薬局やドラッグストアでは購入できないとされています。

 

 

しかし刺激が弱いステロイドであれば市販されている場合もあります。
特にニキビに対して効果的な市販のステロイド軟膏でテラコートリルが有名です。

 

 

テラコートリル

 

 

製薬会社:ジョンソンエンドジョンソン株式会社

 

ステロイド;ヒドロコルチゾン(レベル5)

 

値段:1本(6g)1000円

 

用法:1日1~2回洗顔にニキビ部分にのみ塗るようにする

 

 

テラコートリルのヒドロコルチゾンはステロイドの中でも最も弱い
レベル5『弱い』に分類されていますので、刺激は全くありません。

 

 

 

 

テラコートリルの中身はこのようになっています。
黄色い軟膏で無臭で刺激は全くありません。

 

 

副作用もかゆみなどがありますがステロイドの中でも
最も弱い薬ですので心配はないとされています。

 

 

ステロイドのニキビへの効果と副作用

 

 

ステロイドはホルモンの作用を促して炎症を鎮めていきます。
およそ効果としては2週間ほどは様子をみましょう。

 

 

ただステロイドは効く人にはよく効くが、効かない人には全く効かない
とされていますので、注意してください。

 

 

またステロイドの長期的な使用は膠原線維という皮膚の
大部分の組織を萎縮させ薄くさせてしまう場合があります。

 

 

ですので長期的な使用は行わないようにしてください。
また使用中に副作用などがあられたら、使用を中断して医師に相談しましょう。

 

 

皮膚科の医師からも説明があると思うので医師の説明をよく聞き
用法容量をしっかりと守るようにしてください。

 

 

以上ニキビに効くステロイドについてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ