生理後のニキビ

生理後のニキビの原因と治し方について!

生理後のニキビの原因と治し方について!

 

通常、生理前は黄体ホルモンの分泌によって肌荒れやニキビができやすくなり逆に生理後はホルモンが安定し、肌荒れやニキビもなくなるとされます。

 

 

特に生理後のニキビは女性の大人ニキビの典型とされ、特徴としては頬や口周り、顎周りなどのUゾーンにニキビができやすいとされます。

 

 

なぜ本来であれば肌の調子が良いとされる生理後にニキビができてしまうのでしょうか?
ここでは生理後のニキビの原因と治し方についてお伝えしたいと思います。

 

 

生理後のニキビの原因

 

 

生理後にニキビができるとされるのは大きく分けて2つ原因があるとされます。

 

 

①エストロゲンの不足

 

 

生理後のニキビの一番の原因というのは生理後に分泌が活発になるエストロゲンが不足していることが挙げられます。

 

 

エストロゲンは生理前に分泌されるプロテスゲロン(黄体ホルモン)とは対照的に生理後に分泌され、肌の水分を保持しコラーゲンの生成を促します。

 

 

しかし暴飲暴食や睡眠不足によって普段の生活が乱れてしまうと生理後に分泌されるエストロゲンの量がぐっと減ってしまいます。※暴飲暴食や睡眠不足自体がニキビの原因にもなります。

 

 

本来であれば肌の調子が良くなるはずなのに、エストロゲンが分泌されないことで肌が乾燥したままでコラーゲンも生成されないため肌にハリもなくなります。

 

 

そして結局黄体ホルモンが優位になり、ホルモンバランスが乱れてしまい、皮脂が分泌されることによって生理後にニキビができてしまうとされます。

 

 

また生理後にエストロゲンが分泌されないということは生理前の症状はさらに悪化してしまう危険があるので要注意です。

 

 

②鉄分の不足

 

 

生理後によるニキビの原因は鉄分の不足も挙げられます。

 

 

生理により出血をしてしまうと例え少量でも鉄分が不足すると全体の血の巡りが悪くなることで肌荒れの原因になっている場合があります。

 

 

出血量が多いとより生理後にニキビができやすくなるとされています。また現在ニキビができている状態で生理後に血の巡りが悪くなるとニキビ跡や色素沈着になりやすくなってしまいます。

 

 

以上のように生理後にニキビができやすくなるのはエストロゲンの分泌が不足と鉄分の不足が挙げられます。

 

 

エストロゲンが分泌されていないと、頭痛やイライラ、寒気などのあらゆる体調不良の原因にもつながるのでしっかりと対策しましょう。

 

 

生理後のニキビの治し方について

 

 

生理後のニキビは次の周期にニキビにならないためにエストロゲンと鉄分を補いながら、薬を塗って治してしまいましょう。

 

 

エストロゲンと鉄分を両方摂取できる食べ物

 

 

エストロゲンと鉄分を両方摂取できる食べ物を日々食べることによって生理後のニキビの再発を防いでいきましょう。

 

 

おすすめの食べ物としてはゴマとプルーンが挙げられます。

 

 

 

 

ゴマにはエストロゲンがたっぷりと含まれているだけでなく、鉄分も豊富に含まれている代表的な食べ物です。

 

 

1日おおさじ1杯食べることで生理後に肌荒れやニキビを予防できます。

 

 

 

 

プルーンはエストロゲン、鉄分、さらに美肌成分のビタミンB、ビタミンEも含まれているため、女性の肌には効果的な食べ物とされます。

 

 

1日1個食べるだけでもいいですし、ドライフルーツとしてヨーグルトとして食べることができます。

 

 

エストロゲンと鉄分を両方摂取できる飲み物

 

 

また飲み物ではやはり豆乳が圧倒的に効果が高いとされます。

 

 

成分:大豆イソフラボン、ビタミンB、銅、マンガン

 

効果:女性のニキビ、肌荒れ

 

飲み方:1日200mlの豆乳を1か月以上飲むようにする。500ml以上は飲まないようにすること

 

豆乳には鉄分の吸収を促進させる銅やマンガンが含まれています。また美肌ビタミンとされるビタミンB2が配合されて肌のターンオーバーを促すことでニキビ跡にも有効とされます。

 

 

さらに豆乳には大豆イソフラボンが配合されており、大豆イソフラボンを摂取することによってエストロゲンと似た働きをします。エストロゲンのことでホルモンバランスを整えることができますし、また肌の水分を保持しますので乾燥肌を防いでもくれます。

 

 

ニキビケアに使用する豆乳はスーパーで売られている調整豆乳がおすすめです。豆乳は1日200ml~400ml飲むようにしてください。ただしカロリーが高いので500ml以上は飲まないようにしましょう。

 

 

以上の食べ物や飲み物は最低1か月継続してとるようにしてみてください。

 

 

鉄分とエストロゲンを摂取すること次の生理後がきても肌荒れやニキビは全くなくなるのが分かるかと思います。また生理前の症状も改善されているのも大いに期待できます。

 

 

生理後のニキビに効く薬

 

 

生理後は赤ニキビがでやすいので炎症を取り除くイブプロフェンピコノールを含んだ薬を使用するようにしましょう。

 

 

特に市販のペアアクネクリームは低刺激ですし、保湿効果もあるので生理後のニキビには適しているのでおすすめです。

 

 

有効成分:イブプロフェンピコノール イブプロフェンフェチノール

 

効果:白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ

 

価格:14gで883円

 

即効性:軽度のニキビは1日 ニキビ跡は1か月

 

 

ペアアクネクリームは抗炎症作用のイブプロフェンピコノールだけでなく、殺菌作用のあるイブプロフェンフェチノールも配合されており、ニキビを根本的に治していきます。

 

 

1日2回洗顔後に塗るようにしましょう。早ければ1週間以内に症状はほとんど改善されていきます。ただし食事などをしっかりと行わないと再発してしまいます。

 

 

生理後のニキビには以上のように対処していきましょう。特に豆乳はマジで効きますので是非試してみてください。

 

 

ただ睡眠不足であったり、アルコールの飲みすぎ、偏食はそれだけでホルモンに悪影響を与えるので注意してください。

 

 

ということで生理後のニキビの原因と治し方についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ