産後のニキビの原因と治し方

産後のニキビの原因と治し方!

産後のニキビの原因と治し方!

 

 

赤ちゃんを産んで産後を迎えると同時に肌トラブルに悩まされ、ニキビや肌荒れなどになりやすくなります。

 

 

皮膚科医に聞いたらやはり産後に入るとニキビが増えるというのは間違いないということらしいです。

 

 

ここでは産後のニキビの原因と治しかたについてお伝えしたいと思います。

 

 

産後のニキビの原因

 

 

産後に入るとニキビが増える一番のニキビの原因というのは
ホルモンバランスの乱れからくるものなんです。

 

 

妊娠中はエストロゲンとプロテスゲロンが分泌されます。
しかし産後2日目を迎えるそれらのとホルモン分泌が極端に低下してしまいます。

 

 

そして代わりに分泌されるのがプロラクチンという母乳をつくるホルモンです。

 

 

今まで分泌されることがなかったホルモンも分泌されることになり
産後はバランスが崩れやすく、血行不良に陥るため、肌にもそれが影響してしまうとされます。

 

 

特に乾燥肌や敏感肌になりやすくなり、こうなると普段使っている
下地の『のり』も悪くなりはっきりとニキビや吹き出物ができてしまいます。

 

 

さらに産後によって、環境の変化でストレスがたまることも
ニキビの原因に少なからず関係しています。

 

 

このようにホルモンバランスの乱れによって産後のニキビはできてしまいます。

 

 

産後のニキビの治し方

 

 

産後のニキビは内的要因によってできるため治すためには

 

 

・ホルモンバランスを整える

 

・新陳代謝を活性化させる

 

 

この2点が挙げられますね。

 

 

では具体的にホルモンバランスを整え、新陳代謝を
活性化させる方法としてはまず睡眠が欠かせません。

 

 

①睡眠

 

 

睡眠は自律神経を整え、ストレスを解消し、
ホルモンの分泌を安定させることができます。

 

 

1日6時間そして10時~2時の間に寝るようにしましょう。

 

 

ただ赤ちゃんがいるのでなかなか睡眠がとれない場合があるため
やはりパートナーと協力して子育てを行いましょう。

 

 

②食事での対策

 

 

産後のニキビに効果的な食べ物としてビタミンAや大豆イソフラボンが挙げられます。

 

 

ビタミンAは皮膚を修復させ、新陳代謝を促す作用があります。

 

 

特にかぼちゃやにんじんにはビタミンAだけでなく
他のビタミンも豊富に含まれているので積極的に食べてみてください。

 

 

 

 

また大豆イソフラボンは体内でエストロゲンと同じ働きをします。
産後のホルモンバランスを整えることができます。

 

 

大豆イソフラボンは納豆や豆腐を食べることで摂取できますが
一番はやはり豆乳を飲むのが効果的とされます。

 

 

成分:大豆イソフラボン、ビタミンB

 

効果:女性のニキビ、肌荒れ

 

飲み方:1日200mlの豆乳を1か月以上飲むようにする。
500ml以上は飲まないようにすること

 

産後は是非大豆製品を摂取してホルモンバランスを整えるようにしましょう。

 

 

③低刺激の薬

 

 

今できているニキビには低刺激の薬を塗って治していきましょう。
イオウやサリチル酸などを使用した薬は産後の弱った肌には逆効果になる可能性があります。

 

 

産後のニキビには保湿クリームに近いペアアクネクリームがおすすめです。

 

 

 

有効成分:イブプロフェンピコノール

 

効果:白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ

 

価格:14gで883円

 

即効性:軽度のニキビは1日 ニキビ跡は1か月

 

 

1日2回洗顔後にニキビに塗っていきましょう。およそ1週間ほどで改善していきます。

 

 

また体を冷やしてしまうと産後は新陳代謝が滞ってしまいます。

 

 

ということで産後のニキビへの原因と治し方についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ