顎下のニキビ

顎下のニキビの原因と治し方について!

あごしたのニキビの原因と治し方について!

 

顎下のニキビがなかなか治らないと悩んでいる人も多いでしょう。

 

 

特に顎下のニキビは女性がよくなりやすいとされます。
さらに20代になるとできやすいともされます。

 

 

また顎下はできもののようなしこりニキビができてしまい痛いのも特徴です。

 

 

下手に触ってしまうと顎下ニキビに雑菌が入り込んだり、
皮膚の真皮が傷ついて、ニキビ跡になるので注意が必要です。

 

 

ここでは顎下のニキビの原因と治し方について紹介します。

 

 

顎下のニキビの原因について

 

 

顎下のニキビの原因としては大きく分けてふたつあるとされています。

 

 

①ホルモンバランスと胃腸の乱れ

 

 

この顎下にニキビができる原因ですが、
ホルモンバランスと胃腸の乱れが深く関係しています。

 

 

顎下にニキビができる女性の多くは、生理不順に悩まされている場合があります。
生理不順はホルモンバランスが乱れると起こりますが、ニキビもできてしまいます。

 

 

なぜかというとホルモンバランスが乱れると男性ホルモンの分泌が活発になるからです。
男性ホルモンの分泌されると顎下から顎周りにかけてニキビが増えてしまいます。

 

 

さらに年齢が増すごとに男性ホルモンも増加するので
大人ニキビとして顎下にニキビができるわけなのですね。

 

 

そしてもうひとつが胃腸が乱れていると、体のサインとして顎下にニキビができるとされています。

 

 

もし暴飲暴食を繰り返していたり、便秘がちな人で
顎下にニキビができていると、胃腸の乱れが原因である可能性が高いです。

 

 

②洗顔不足による皮脂の詰り

 

 

そしてもうひとつが洗顔不足などによる皮脂の詰りです。
顎下は意識しないと洗い忘れてしまう部分ですので、皮脂が溜まりやすいです。

 

 

皮脂が詰まるとそこからアクネ菌が繁殖して、さらに炎症を起こして赤ニキビができてしまいます。

 

 

また顎下は触ると分かりますが皮膚が分厚いです。すると分厚い皮膚が
炎症することで皮膚がこもり、しこりのような大きい赤ニキビができてしまいます。

 

 

以上が顎下ニキビができる原因とされています。

 

 

顎下のニキビの治し方

 

 

顎下決して触らないようにして、まずは炎症を鎮静させる必要があります。
そのためにはやはり薬がまずは考えられます。

 

 

薬を塗る

 

 

顎下のニキビは炎症してしまっているので、抗炎症作用のある
イブプロフェンピコノールを塗って、炎症を抑えて治していきます。

 

 

市販の薬ではペアアクネクリームが挙げられます。

 

 

 

有効成分:イブプロフェンピコノール

 

効果:白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ

 

価格:14gで883円

 

即効性:軽度のニキビは1日 ニキビ跡は1か月

 

 

1日2回洗顔後に塗るようにすることで、イブプロフェンピコノールが
効いていき、およそ1週間前後で炎症が鎮静されていきます。

 

 

ホルモンバランスを整える

 

 

皮膚科では顎下のニキビなどホルモンバランスの乱れによって
できたニキビにはマーベロンなどの低用量ピルが処方されることがあります。

 

 

 

効果は高いですが、副作用もありますのでいきなり服用する前に
まずは食事でホルモンバランスを整えることをおすすめします。

 

 

一番効果的なのが成分無調整豆乳を飲むことでしょう。
※成分無調整は砂糖などニキビを悪化させる添加物は含まれていません。

 

 

 

 

豆乳の飲み方ですが

 

 

①1日200mlを飲んでいきます。

 

 

②どのタイミングでも飲んでも構いませんが、
一番効果的なのは朝起きてすぐ温かい豆乳を飲むことです。

 

 

③大豆イソフラボンが効いてくるのは時間がかかります。
最低でも28日間は飲み続けるようにしましょう。

 

 

となります。大豆イソフラボンと食物繊維も含まれるので
胃腸の働きも整えることができますのでおすすめです。

 

 

顎下のニキビは以上の方法を高確率で治っていくので試してみください。
あと普段の洗顔で洗い残しがないように注意してください。

 

 

以上、顎下のニキビの原因と治し方についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ