マスクはあごニキビの原因に?

マスクをすることはあごニキビの原因、悪化につながる!?

マスクをすることはあごニキビの原因、悪化につながる!?

 

 

風を引いたり、予防する際マスクをつけますが、実はこのマスクをすることが・・あごのニキビの原因になるかもしれないのです。※もちろん鼻や頬のニキビにも悪影響です。

 

 

またニキビができて、それを隠すためにマスクをつける方もいらっしゃいますが、それはニキビの悪化につながるのでできればやめてください!

 

 

といってもニキビを隠したい、風邪でマスクをしなければいけないという方のためにここではニキビを悪化させないマスクのポイントなどを紹介したいと思います。

 

 

まずはなぜマスクをすることでニキビが悪化するのかについて説明したいと思います

 

 

なぜマスクをするとあごニキビの原因に?

 

 

マスクは外部のの細菌をブロックするため、肌がマスクに密着します。

 

 

この肌に密着することで、皮膚を刺激してしまい、皮脂の分泌が過剰になり、あごニキビの原因になってしまいます

 

 

またマスクを着け続けることで、マスク内が蒸れてしまいます。湿度が高くなった状態は菌であるアクネ菌が繁殖しやすいのであごのニキビを作りやすくしてしまいます。

 

 

ニキビをつくらないためのマスク

 

 

マスクを使用することであごニキビを作りやすくしてしまいますが、花粉症対策や風邪予防のためにはマスクは欠かせません。

 

 

ではニキビをつくらないためにはどうすればよいでしょうか?

 

 

ポイント1 立体型のマスクを使用する

 

 

ぺったんとなっているですと、皮膚に触れてしまいニキビに悪影響を及ぼしてしまいます。

 

 

ドラッグストアやコンビニで売られているマスクの中では特に3次元マスクなどがおすすめですね。

 

 

 

 

ポイント2 コットン性はできれば避けよう

 

 

コットン性は肌にダメージを与えるだけでなくかなりマスク内が蒸れてしまいます。

 

 

もし現在コットン性のマスクを使用しているならばニキビの原因になっているので外すようにしましょう!

 

 

ポイント3 小まめに外すことが大事

 

 

ます大事なことは湿度を下げるためにこまめにマスクを外しましょう。また衛生のためマスクは繰り返し使わず、午前と午後に2回に分けて取り換えた方が良いです。

 

 

そしてマスクは患部を刺激しないために、なるべく大きめのマスクを選ぶようにしてください。

 

 

ニキビを人前に晒したくないのは分かりますが、それではいつまでたっても治りません。あごのニキビや他のニキビを隠すための使用はできるだけ避けてください!

 

 

立体型マスクを活用して、ばれずに顎ニキビを治す

 

 

私がやる方法ですが、顎のニキビができたら薬を塗って、立体型マスクをするという方法です。うまく行うとこのようにバレずに顎のニキビを治すことができます↓

 

 

 

 

 

薬を塗って立体型マスク装着!

 

 

ニキビが治る!

 

 

私が顎のニキビができた際にはこのように治すことがあります。ちなみに使っている薬はペアアクネクリームです。

 

 

有効成分:イブプロフェンピコノール、イソプロピルメチルフェノール

 

効果:白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ

 

価格:14gで883円

 

即効性:軽度のニキビは1日~2日

 

 

抗炎症作用のあるイブプロフェンピコノールと殺菌作用のまたイソプロピルメチルフェノールが配合されているため、白ニキビや赤ニキビのどちらにも効果的となります。

 

 

是非皆さんも顎ニキビや口周りのニキビができて、ニキビをみられたくない場合にはこのように治していきましょう。

 

 

ということでマスクをすることはあごニキビの原因、悪化につながる!?でした。

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ