皮膚科によるニキビの治療法

イオウカンフルローションのニキビへの効果と塗り方!

イオウカンフルローションのニキビへの効果と塗り方!

 

 

イオウカンフルローションはイオウとカンフルという成分を含んだもので皮膚科で処方される外用薬のことです。薄黄色い液体で肌につけると若干スースーします。

 

 

昔の皮膚科ではニキビを治すためにはこのイオウカンフルローションが非常によく処方されていました。ですが今はほとんどがディフェリンやアクアチムクリームなどの塗り薬が処方されるようになりました。

 

 

ただ今でもニキビに処方される場合もありますし、皮膚科でなくても薬局やドラッグストアでニキビ治療薬や化粧品として売られているので自分で試すことができます。皮膚科で処方される場合のイオウカンフルローションの薬価は1mlで25.10円とされます。

 

 

ニキビ治療薬として効果があるとされていますが使い方が複雑ですのでしっかりと確認しましょう。ここではイオウカンフルローションのニキビへの効果と副作用、使い方についてお伝えします。

 

 

イオウカンフルローションの効果

 

 

イオウカンフルローションはイオウとカンフルのふたつの成分がニキビに対して効果を発揮してくれます。

 

 

①イオウ

 

 

イオウカンフルローションに含まれるイオウには角質を柔らかくさせる角質軟化の働きがあります。

 

 

角質が柔らかくなることで、毛穴に溜まった角栓や芯がとれやすくなり、毛穴が開くことでアクネ菌が繁殖して炎症するのを抑えることができます。

 

 

また殺菌性を持ち合わせているためアクネ菌を殺菌することでニキビを根本的に治療します。そのため黒ニキビや白ニキビなどの比較的軽症なニキビにも効いていきますし、赤ニキビの予防になります。

 

またイオウを配合した市販のニキビ薬にはクレアラシルなどがあります。

 

 

会社:レキットベンキーザージャパン

 

有効成分:イオウ・レゾルシン

 

効果:赤ニキビ、白ニキビ、黒ニキビ

 

価格:30g1470円

 

即効性:1日~2週間

 

 

②カンフル

 

 

そしてイオウカンフルローションのカンフルにはおだやかな消炎・鎮痛作用といった効果があります。そのため炎症を起こした赤ニキビやニキビ跡の赤みを鎮静させる効果があります。

 

 

他のニキビ薬やニキビ用化粧水にはこのカンフルの成分は配合されていないので、イオウカンフルローション独自の効果が得られます。

 

 

このようにイオウとカンフルのふたつの働きにより様々な症状のニキビに効果があるとされています。ただし肌の深層のアクネ菌を殺菌することはできないので、ニキビ跡じたいは治すことはできません。

 

 

皮膚科でもあまり重症化していないニキビに対してイオウカンフルローションが処方されます。重症化したニキビは今ではベピオゲルや抗生物質を含んだ飲み薬などが処方されます。

 

 

イオウカンフルローションの効き目

 

 

イオウカンフルローションを塗ることでどれくらいでニキビに効くのかというと

 

・白ニキビや黒ニキビなどの初期ニキビであれば3~5日ほどでイオウにより芯ごとポロッと落ちます。

 

・赤ニキビであればカンフルの抗炎症作用によって1週間ほどで効いていきます。

 

・ニキビ跡の赤みは2~3週間塗ることで鎮静されますが、炎症が激しい場合には効かないことがあります。

 

以上のようにイオウカンフルローションを使うとニキビに効いていきます。

 

 

イオウを自分のニキビに試してみた結果

 

 

イオウカンフルローションは使ったことはないのですが、同じイオウを配合したクレアラシルを軽度のニキビに使用したのですが、その結果がこちらです。

 

 

 

クレアラシルを塗ってから3~4日ほどで治りました。芯がポロットとれるとそこが少し跡みたいになるのですが、クレアラシルで治すとほとんど跡にはなりませんでした。

 

 

ただし頬の炎症ニキビ、ニキビ跡、おでこのぶつぶつニキビには残念ながら効かなかったです。軽度のニキビであればクレアラシルだけで問題ないでしょう。

 

 

ちなみにクレアラシルが効かなかった私のニキビ跡も今は治すことができました。そのニキビの完治法はこちら↓

 

 

 

 

⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

 

 

 

イオウカンフルローションの副作用

 

 

イオウカンフルローションは塗り薬ですのでそこまで強い副作用は心配いりませんが、副作用が起こらないわけではありません。特に肌のかゆみ、強い乾燥、腫れ、赤み、肌荒れが起こる可能性があります。

 

 

特に塗布後はほとんど乾燥してしまいます。ただしイオウカンフルローションを使用する前にしっかりと化粧水や保湿クリームを塗ることで乾燥を予防することができます。

 

 

もし発疹や肌荒れを起こしたら、とりあえず数日は使い続けて、それでも副作用が生じる場合には使用を控えましょう。ただし基本的に抗生物質やステロイドを配合しているわけではないので心配いりません。

 

 

イオウカンフルローションのニキビへの塗り方

 

 

イオウカンフルローションをニキビに塗る場合には

 

 

①1日朝と夜の洗顔後に2回塗るようにしてください。乾燥を予防するために化粧水を使うのであれば、イオウカンフルローションを塗る前に使いましょう。

 

 

②朝はイオウカンフルローションを振らずに上澄みの部分を手に取り顔全体ににうす~く塗り込みます。

 

 

③そして夜は容器を振って、その混濁液(白色)を顔全体に塗ります。

 

 

目の付近には塗らないでください。目に入ったら水で洗い流しましょう。

 

 

⑤使用期間としては初期ニキビには1週間、赤ニキビやニキビ跡には1か月使用しても何もない効果が感じられない場合には塗り続けても効果はないので使用は控えましょう。。

 

 

以上がイオウカンフルローションのニキビへの使い方です。市販薬としても薬局で購入できますが使用する際はできれば皮膚科の医師に相談するようにしましょう。

 

 

カンフルは他にはない成分ですのでイオウカンフルローションを試してみる価値は大いにあるでしょう。

 

 

ということでイオウカンフルローションのニキビへの効果と塗り方でした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ