婦人科でのニキビ治療

婦人科でのニキビ治療法!

婦人科でのニキビ治療法!

 

婦人科でのニキビ治療は主に
ホルモン療法になってきます。

 

 

しかしニキビは原因が様々で、化粧品が原因なのか、
臓器の問題なのか、はたまた紫外線などの外的要因なのか

 

 

というように多岐に渡ってきます。

 

 

なので、ニキビができたらすぐ婦人科へ行く、というのは
順番が大きく違っていると言えるでしょう。

 

 

基本的にはまず皮膚科に行ってみることをおすすめします。
何せ肌のプロフェッショナルですからね。

 

 

ここである程度原因を特定して治療し、もし処方される薬などでも治らない、
という場合に限り婦人科へ通う選択が出てくると言ったイメージです。

 

 

ホルモンバランスの乱れによるニキビは婦人科へ

 

 

ただ、もし生理不順や生理の周期でかならずニキビになる
という場合には婦人科に行くようにしましょう。

 

 

ホルモンバランスの乱れが決定的な原因であると
婦人科でのニキビ治療が効果的になる場合が多いです。

 

 

そういったホルモンバランスの乱れが原因だ、と婦人科でも分かった場合、
低用量のピルを服用することになってきます。

 

 

数ヶ月~1年程の服用ですっかりよくなったという人もいるぐらいなので、
ホルモンバランスが原因かなぁなんて思ったら婦人科に行くといいでしょう。

 

 

値段も数千円ですのでそれほどお金もかからないです。

 

 

婦人科でのホルモン検査

 

 

また婦人科でホルモン検査を受ける場合は、3ヶ月分の基礎体温表を
持っていくと検査の参考資料になるので、ある人は持っていくようにしましょう。

 

 

ホルモン検査では、ホルモン数値やエストラジオール数値などを測ります。

 

 

月経周期や妊娠、閉経などで大きく数値が変わってきますが、
婦人科の先生とよく相談しながら治していくことが大事です。

 

 

 

とにかく生理周期などによってニキビができる場合には
婦人科でのニキビ治療をするようにしましょう!

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ