ニキビと病院

病院でのニキビ治療法とは!

病院でのニキビ治療法とは!

 

ニキビは、アクネ菌という菌が繁殖してできるものですので、
放っておけば跡になってしまうことも。

 


ニキビごときで病院に通うなんて
、と思う人も多いと思いますが、
早め早めの治療こそが跡を残さないために大切です。

 

 

今はニキビ治療も進化して、劇的な効果があると言われる
過酸化ベンゾイル配合の塗り薬やレーザー治療など様々な治療方法があります。

 

 

病院でのニキビ治療について

 

 

通常の病院では、予算に応じた様々な治療法をアドバイスしてもらえます。
初診も1000円以下ですしね。

 

基本的な治療法は保険が効く場合がほとんどなので、
ニキビがひどければ躊躇せずに相談するのが第一です。

 

塗り薬以外にもアクネ菌に効く抗生物質の服用などが効果的です。

 

塗り薬としては、ニキビの特効薬といわれる

 

 

・過酸化ベンゾイル

 

・ディフェリンゲル

 

・テラコートリル

 

・かゆみ止めと合わせてビタミン剤

 

 

なども処方されますので、お肌の活性化を促してくれます。

 

ホルモン剤や低用量ピルなどホルモンを
安定させる薬が処方されることもあります。

 

 

これらの治療は、保険が適用される場合もありますし、
そうでないこともあるので、医師としっかり相談をすることが大切です。

 

 

保険適用外の病院でのニキビ治療法

 

 

その他に、保険適用外の可能性が高いですが、
ひどいニキビやニキビ跡にも効果があるのがレーザー治療です。

 

 

フォトダイナミックセラピー、イオン導入、ケミカルピーリングそして
ビタミン剤やコラーゲン、ホルモン剤などの注射という手段もあります。

 

 

それぞれの料金ですが、保険が効く場合、塗り薬やピルの
治療で薬代も含め1回数千円以内におさまりますが、

 

 

保険外治療となるとレーザーの場合は、1回の照射が数万円で
何回か病院に通う必要が出てくるので治るまで2~30万程度はかかる可能性があります。

 

 

病院でのニキビ治療はその人の症状に合わせて
違いますので、まずは診察に行くようにしましょう!

 

 

以上病院でのニキビ治療でした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ