角質培養のニキビへの効果

角質培養とニキビについて!

角質培養とニキビについて

 

角質培養とは!?

 

 

角質培養というのは、考え方としてはできるだけ角質を落とさず、
重なり合った角質の下で健康な皮膚を育てるということです。

 

 

洗顔やパック、化粧落とし等できるだけ肌に刺激を与えることは避け、

 

 

化粧品はまったく使わない、もしくは最小限の
化粧品を使用して肌ケアをします。

 

 

そうすることにより、角質層がお肌をガードし、
肌そのものが持っている力を引き上げてくれる効果があるのです。

 

 

そしてこの角質培養はニキビに強い肌を
作る効果があるとされているのです。

 

 

角質培養の方法について

 

 

角質培養方法で、まず一番シンプルなのは
朝晩ぬるま湯で顔を洗うのみ、というものです。

 

 

この洗顔の際もできるだけ擦らないように心がけます。

 

 

最初は乾燥が気になったり、二キビがひどくなったりということもありますが、
角質培養が進むにつれ症状は落ち着き、次第に効果が現れます。

 

 

いきなりぬるま湯だけだと不安な場合は、
使用する化粧品を最低限に抑え、

 

 

且つ天然成分配合のものにしましょう。

 

 

例えば洗顔料を天然由来の成分を配合した石鹸にしたり、
化粧水や乳液もオーガニック、もしくは精製水にクエン酸を混ぜたものでも良いでしょう。

 

 

ただ、ニキビ肌の人はニキビ肌専用化粧水の使用は続けてください。
これも自分のお肌の様子を観察しながら進めてください。

 

 

角質培養の注意点

 

 

角質培養の方法はすべての人が同じ方法ではありません。
その人の体質や肌質によって効果や肌の反応は異なります。

 

 

こうやれば全員大丈夫!』という方法はありません。

 

 

自分のお肌と相談しながら決めていくのが一番です。
そして角質培養により健康になった肌はニキビにも強くなります。

 

 

ただ即効性はないので、肌が生まれ変わるまで少し我慢が必要になります。

 

 

期間としては肌サイクルの28日間は継続する必要がありますね。

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ