ユースキンの効果的な使用方法!

ニキビに効果的なユースキンパックのやり方!

ニキビに効果的なユースキンパックのやり方!

 

 

ユースキンはユースキン製薬株式会社から製されているドラッグストアで販売されているあかぎれ、しもやけ、ひびわれに効果的な保湿クリームです。

 

 

 

 

ユースキンの中身はこのように薄黄色いクリーム色でつんとした香りが特徴的です。べたつくこともなく刺激感はありません。

 

 

そしてこのユースキンをニキビケアとして代用できるとtwitterや某化粧品口コミサイトで話題になっています。中にはニキビ跡も鎮静された方もいらっしゃいます。

 

 

特にユースキンを肌全体に塗り込み、パックとして使うユースキンパックが効果的となります。

 

 

ここではユースキンのニキビへの効果と副作用、ユースキンパックの使い方についてお伝えしたいと思います。

 

 

なぜユースキンがニキビに効果があるのか?

 

 

ユースキンにはユースキンA、ユースキンI、ユースキンSがありますがニキビにはユースキンAを使用します。そしてこのユースキンAの有効成分を見てみると

 

 

 

 

有効成分:ビタミンE酢酸エステル、グリチルリチン酸、dl・カンフル、グリセリン

 

とありますが、これらすべてニキビにも有効な成分とされます。

 

 

また添加物としてはビタミンB2、ポリソルベート80、自己乳化型ステアリン酸グリセリン、ステアリン酸、ハードファット、トリエタノールアミン、エデト酸Na、ミリスチン酸イソプロピル、パラベン、ステアリルアルコール、ヒアルロン酸Na、ビタミンCが含まれます。

 

 

ヒアルロン酸やビタミンCも含まれるのでどんだけ優秀成分なんだよとツッコミたくなりますね。

 

 

ではそれぞれの有効成分がどのようにニキビに効くのかというと説明したいと思います。

 

 

①ビタミンE酢酸エステル

 

 

ビタミンE酢酸エステルは皮膚の過酸化脂質を発生するのを防ぐ働きを持ち、肌の酸化によるニキビに効果的です。

 

 

また肌の新陳代謝を高めることで、傷跡を修復する効果もありますが、これがニキビ跡にも効いていきます。

 

 

②グリチルリチン酸

 

 

グリチルリチン酸はニキビ用の化粧水によく配合されている成分で肌の炎症を防ぐ炎症作用をもっているため赤ニキビやニキビ跡の炎症などを鎮静させていきます。

 

 

またピーリング作用によって肌の古い角質を落とす作用もあります。

 

 

③dl・カンフル

 

 

dl・カンフルはあまり聞かない成分ですが、血行の改善を行いターンオーバーを促すため、ニキビ跡にも効果があります。

 

 

④グリセリン

 

 

グリセリンは植物や海草から抽出した成分で肌を軟化させてビタミンEの成分を浸透させやすくし、さらに毛穴もひらくので詰まった皮脂を落とすことができます。

 

 

またわずかにですが殺菌作用もあり、白ニキビ、黒ニキビを引き起こす程度のアクネ菌は殺菌できます。

 

 

以上のようにユースキンはニキビに効く薬用成分を含んでおりあす。またアンチエイジングにも使え美肌用のスキンケアとして使っている人も数多くいます。

 

 

ユースキンのニキビへの効き目

 

 

ユースキンを使用することでどれくらいでニキビに効くのかというと

 

 

・白ニキビ、黒ニキビにはピーリング作用と殺菌作用で3~5日ほどで効いていきます。

 

・赤ニキビの場合にはグリチルリチン酸が1週間ほどで効いていきます。

 

・ニキビ跡の場合には新陳代謝の活性化により1か月ほどで効いていきます。

 

以上のようにユースキンはニキビに効いていきます。また肌の保湿は1回塗ったただけで感じられます。乾燥によるニキビの予防にもつながります。

 

 

ユースキンを私のニキビに試してみた感想

 

 

ユースキンを頬のニキビ跡やおでこのぶつぶつニキビに4週間と長く使ってみたのですけれど、残念ながら効かなかったです。殺菌作用がないので仕方がないかなと。

 

 

ただし保湿力はとても高く、塗布後はしっとりとして、それが長時間続いてくれました!保湿クリームのに使うのはおすすめと言えます。

 

 

ちなみにユースキンが効かなかった私のニキビ跡も今は治すことができました。そのニキビの完治法はこちら↓

 

 

 

 

⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

 

 

 

ユースキンの副作用について

 

 

ただしユースキンは薬用成分を含んでいるため、副作用が生じることがあります。特に肌の発疹、発赤、刺激感、かゆみが挙げられます。

 

 

もし副作用が生じた場合には数日は使い続け、それでも副作用が起こるときは使用を控えましょう。

 

 

ユースキンパックのやり方

 

 

使用するユースキンの種類

 

 

まずユースキンにはユースキンI、A、Sの3種類あるのですがユースキンパックはユースキンAを使用してください。

 

 

 

 

オレンジの容器のもので、最もスタンダードなユースキンです。しかし乾燥肌や肌が弱い方はユースキンAよりも刺激が抑えられているユースキンSを使用してください。

 

 

 

 

では具体的なユースキンパックの方法についてです。

 

 

①1日1回朝と夜のどちらかの洗顔後に塗ります。化粧水を使っている人は化粧水後に使います。

 

 

②そして顔全体の肌にユースキンを塗りましょう。ニキビ予防にも効果があるのでニキビ部分の周りにも塗るのをおすすめします。

 

 

   

 

 

このようにパックしていきましょう!クリームが薄く残っている状態が目安です。

 

 

10分~15分このまま放置します。

 

 

④そしてぬるま湯で洗い流すだけで終わりです。

 

 

⑤初期ニキビには2週間、赤ニキビやニキビ跡には1か月塗っても効果がなければ使用を控えましょう。

 

 

以上がユースキンパックの使用方法になります。ニキビが治った後も使い続けて構いません。

 

 

洗い流すときはぬるま湯で構いません。また保湿クリームですので、完全に洗い落とさなくても大丈夫です。

 

 

ハンドクリームを顔に使用しても大丈夫なの?と思う方がいると思いますが、公式によると保湿性の高いクリームであるため、スキンケアに使用できます、しかし肌のやわらかい部分に使う場合は試し塗りをしてからにしてください

 

 

と明記されているので顔に塗っても大丈夫です。

 

 

値段も600~800円なので手頃ですし、ニキビ以外にもシミやシワなどアンチエイジングとしても期待できるため皆さん是非試してみてください。

 

 

ということでニキビに効果的なユースキンパックのやり方でした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ