赤ニキビとオロナイン

オロナインは赤ニキビに効く!?効果と塗り方について!

オロナインは赤ニキビに効く!?効果と塗り方について!

 

 

 

オロナインは大塚製薬が製造している市販の塗り薬で、やけど、化膿、皮膚炎など様々な症状に対して効果があるとされます。

 

 

中身は白色のクリームで匂いはお線香のような香りがしますが、べたつきもなく使いやすいです。そしてこのオロナインは赤ニキビに対しても効果があるのでしょうか?

 

 

ここではオロナインの赤ニキビへの効果と副作用、塗り方についてお伝えします。

 

 

赤ニキビのオロナインへの効果

 

 

結論から言うとオロナインは赤ニキビに対しても効果があるとされます。

 

 

オロナインには有効成分としてクロルヘキシジングルコン酸塩液が配合されています。このクロルヘキシジングルコン酸塩液は殺菌作用があります。

 

 

そして赤ニキビは医学的に紅色丘疹と言って、アクネ菌が繁殖して炎症を起こした状態です。しかしオロナインを塗ることによって、内部のアクネ菌を殺菌することができます。

 

 

アクネ菌が減少することによって、赤ニキビの特徴である炎症も鎮静されていきます。このようにオロナインは赤ニキビに対しても効果があると言えます。

 

 

またオロナインのクロルヘキシジングルコン酸塩液はアクネ菌だけでなく、背中ニキビを起こすマラセチア菌、そしてケロイドや化膿ニキビを起こす黄色ブドウ球菌も殺菌することができます。

 

 

そのためオロナインは赤ニキビに限らず、あらゆるニキビに効くためとても使い勝手が良いとされます。

 

 

オロナインを塗ることでニキビにどれくらいで効く!?

 

 

オロナインを塗ることによってどれくらでいニキビが治るのかというと

 

・白ニキビや黒ニキビであれば、およそ3~5日ほどで治ってしまいます。

 

・赤ニキビに対しておよそ1週間塗ることによって、鎮静されていきます。

 

・背中ニキビやケロイドニキビであればおよそ1~2週間塗ることによって治ってしまいます。

 

以上のようにオロナインを塗ることによって治ってしまうとされます。ただしニキビ跡の場合にはオロナインだけで完治させるのは難しいとされます。

 

 

私の赤ニキビにオロナインを塗ってみた結果

 

 

鼻に赤ニキビができてしまったので、オロナインを塗ってみました。

 

  

 

2日間塗ってだけでも赤ニキビが小さくなっているのがわかるかと思います。そして4日目にはほとんどなくなってしまいました。

 

 

このようにオロナインは赤ニキビにかなり効果があると実体験から言えますね。今でも突発にできた赤ニキビにはオロナインを塗るようにしています。

 

 

ただしオロナインは頬にできたニキビ跡やおでこのぶつぶつニキビには残念ながら効きませんでした。ちなみにオロナインが効かなかった私のニキビ跡も今は治すことができました。そのニキビの完治法はこちら↓

 

 

 

 

⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

 

 

赤ニキビに効くオロナインの塗り方について

 

 

赤ニキビでニキビを治すための塗り方について解説したいと思います。

 

 

①基本的にオロナインは1日2回朝と夜の洗顔後に塗るようにしていきます。水滴はしっかりとタオルで拭いましょう。

 

 

②指先にほんの少量を手に取って、赤ニキビ部分にのみ薄く塗りこみましょう。ちょんちょんとつけるのは間違いです。

 

 

また鼻の穴や耳などなど指が届かない場所には綿棒などにつけて塗るのがおすすめです。

 

 

 

③オロナインを塗った後は特に何もしなくても大丈夫です。下手に触らないようにしましょう。

 

 

④赤ニキビに対しては1週間塗るようにしていきましょう。それでも効果がなければ使用は控えましょう。

 

以上のようにオロナインはニキビに対して塗るようにしていきましょう。ニキビが治ったらオロナインの使用は控えましょう。

 

 

ただしオロナインは薬用成分があるので副作用が生じることがあります。特に皮膚のかぶれ、発疹、炎症などの症状が挙げられます。もし副作用が生じたら使用は控えるようにしていきましょう。

 

 

オロナインは基本的にあらゆる症状のニキビに効いていきます。突発的にニキビができた時のために家にひとつ常備しておくのがおすすめですね。

 

 

ということで赤ニキビに対してオロナインは使用するようにしていきます。

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ