赤ニキビのことならおまかせ!

赤ニキビの治療法はこちら!

赤ニキビの治療法!

 

赤ニキビができてしまった!?

 

 

赤ニキビって非常に目立つから早く治したいとすごく焦ってしまいますよね。
でも落ち着いて行動しましょう。

 

 

赤ニキビは生活習慣や市販の薬用クリームでは治るのに時間がかかったり適切に行われていない場合治らないので、赤ニキビになったらそれは立派な病気ですのですぐに皮膚科の医師に相談しましょう。

 

では赤ニキビの治療とはどのようなものがあるか紹介したいと思います。

 

 

美容外科

 

 

赤ニキビができると美容外科で治療するというのも一つの手段です。「たかがニキビだけで大げさじゃない?」と思うかも知れませんが全く大げさではありません。

 

 

美容外科での赤ニキビの治療はケミカルピーリングやフォトフェイシャルといった治療があります。

 

詳しくは美容外科で説明されると思いますので美容外科の医師と相談しましょう。

 

 

皮膚科

 

赤ニキビになったらまず皮膚科に行き相談しに行きましょう。

 

 

ちなみに美容外科と皮膚科の違いですが、美容外科は注射や時にはメスを入れて治療するという、つまりは外科です。

 

 

対して皮膚科というのは病理診断、病態生理からのアプローチを中心にしていますので、いわば内科系に属しています。

 

 

皮膚科でのニキビ治療は主にあなたに合った薬が処方されます。薬を大きく分けると飲み薬と塗り薬です。

 

 

飲み薬というのは抗生物質(菌の繁殖を抑える薬)や炎症を抑える薬、皮脂の分泌を抑える薬、ホルモンのバランスを整える薬などが処方されます。漢方薬を処方されることもあります。

 

 

塗り薬はというのは飲み薬と同じように菌の繁殖を抑えたり、炎症をやわらげたり、皮脂の分泌を抑えたり、皮脂の新陳代謝を高める薬が処方されます。顔全体につけたり、ニキビの部分だけつけるものなど、使い方はさまざまです。

 

 

分かって欲しいことは赤ニキビができたら、自分で何とかしようとせずに必ず医師に相談することです。

 

 

自分で悩んでいては始まりません。また相談することによって気が楽になり、ストレスが和らぐというメンタル的な効果もあるので、必ず医師は相談してください。

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】