背中ニキビ

背中ニキビに効く皮膚科の薬おすすめランキング!

背中ニキビに効く皮膚科の薬おすすめランキング!

 

 

顔のニキビの元はアクネ菌なのですが、背中のニキビというのは
マラセチア菌という皮膚に常在する菌が繁殖してできたものなのです。

 

 

そしてマラセチア菌というものは抗菌剤でしか殺菌することができません。
抗菌剤は医師の処方の元でなければ使用することはできません

 

 

そのため市販薬の場合にははアクネ菌の殺菌作用があり、顔のニキビには効きますが
マラセチア菌を殺菌する成分は含まれていないため背中ニキビには効果がないのです。

 

 

背中ニキビを治すうえで大前提となることですのでしっかりと覚えておきましょう。

 

 

では皮膚科では背中ニキビに処方される薬はどのようなものがあるのでしょうか?

 

 

ここでは皮膚科でよく処方される背中ニキビの薬を
おすすめランキング形式で紹介しましたので是非参考にしてみてください。

 

 

 

3位 クリンダマイシンゲル

 

 

会社:ガルデルマ株式会社

 

薬価:1g=27.80円

 

有効成分:クリンダマイシン塩酸塩

 

用法用量:1日に2回背中ニキビに塗る

 

副作用:発赤、刺激感、かゆみ

 

クリンダマイシンゲルは半固形状の塗り薬でべたつかず、しっとりとしています。
有効成分はクリンダマイシン塩酸塩という抗生物質です。

 

 

クリンダマイシン塩酸塩はタンパク質の合成を阻害することで
マラセチア菌を殺菌する働きがあり、背中ニキビに効果的です。

 

 

臨床試験ではニキビに悩む患者さん67人に対してクリンダマイシンゲルを
使用したところ、1か月後には53%の方がニキビが改善されたという結果が出ました。

 

 

半数以上に効果があったとされるので、非常に効果が期待できます。
しかし副作用がかなり強く、刺激感に襲われてしまうのがデメリットです。

 

 

またダラシンという薬もクリンダマイシンゲルと同じ抗生物質が
配合されているので、同じ効果が期待できます。

 

 

2位 ニゾラールクリーム

 

 

会社:ヤンセン ファーマ株式会社

 

薬価:1g=22.80円

 

有効成分:ケトコナゾール

 

用法用量:入浴後、背中のニキビ部分に塗るようにします。

 

副作用:かゆみ・かぶれ・発赤

 

 

ニゾラールクリームは体のニキビに皮膚科でよく処方されます。

 

 

有効成分のケトコナゾールという抗生物質は皮膚に生息している真菌を殺菌する作用があり、背中ニキビのマラセチア菌、その他カンジタや水虫の元となる菌も殺菌する効果があります。

 

 

肩や脇や膝などのニキビに対しても効果的です。
また刺激がやさしい抗生物質ですので副作用はほとんど起きないです。

 

 

背中ニキビ以外の体のニキビにも効果があるのでニゾラールクリームもおすすめです。

 

 

 

1位 アクアチムクリーム

 

 

会社:大塚製薬

 

薬価:1g=41.10円

 

有効成分:ナジフロキサシン

 

用法用量:1日2回背中のニキビ部分に塗るようにします。

 

副作用:かゆみ、発赤、ひりひりとした刺激、ほてり

 

 

現在背中ニキビに皮膚科で処方される薬のほとんどがアクアチムクリームです。
抗生物質のなナジフロキサシンがマラセチア菌を殺菌する作用があります。

 

 

白色のクリームでべたつかずあっさりとしたニベアのような保湿クリーム
あり、副作用は発現率が極めて低く、ほとんど起きる心配はありません。

 

 

クリームによって抗生物質のナジロフキサシンが背中の皮膚の奥まで浸透することで、
化膿を伴う背中のニキビ跡にも効くのがアクアチムクリームの魅力と言えます。

 

 

またアクネ菌やブドウ球菌も殺菌することができるため顔のニキビにも効果があります。

 

 

副作用もなく、顔にも使え、背中のニキビ跡にも効果あることから皮膚科では
よく処方されるため、今回のランキングでも1位にしました。

 

 

背中のニキビ跡にはアクアチムクリームを1日2回塗り、1か月以上使用することで改善効果が期待できるとされています。

 

 

もしアクアチムクリームや他の薬を使用したい場合には、
まずは皮膚科に行き、診察を受けるようにしましょう。

 

 

※ただ現在ではネット通販の個人輸入を行っているところでは
アクアチムクリームを購入することができてしまいます。

 

 

しかしやはり皮膚科で診てもらい、症状に合った薬を処方してもらうのが一番です。

 

 

くれぐれも市販の薬は抗菌剤は含まれていませので、背中の赤ニキビには
若干効果があるかもしれませんがニキビ跡は改善されませんので注意してください。

 

 

またマラセチア菌は乾燥すると繁殖する性質があるため
予防や症状の悪化を食い止めるために保湿クリームを塗るとさらに治りが早くなります。

 

 

以上、背中ニキビに効く皮膚科の薬おすすめランキングでした

 

 

保湿ケアだけで背中のニキビがここまで改善!?

 

 

AFTER

 

 

 

⇒背中ニキビを治す方法!【比較画像つき】


ホーム RSS購読 サイトマップ